てしごとの物語


rogo4.jpgrogo4.jpg

teshigoto-bana.png

TOPページ > てしごとの物語

zakka.png

それぞれ得意な技を持ち寄って、一つのものに仕上げています。木のどうぶつ、くるまの口紙や布ぞうりのタグに印刷されたシンボルロゴは活版印刷です。

DSC_0136.jpg

DSC_0289.jpg

IMG_1305.jpgIMG_1305.jpg

IMG_1356.jpg

DSC_0438.jpgDSC_0438.jpg

DSC_0141.jpg

DSC_0143.jpg

DSC_0244.jpg

DSC_0197.jpg

●木のもの

工房が誕生して以来、ずっと続いている、木のものづくり。時を経て、アイテムが変わり、今は「雑貨」をつくっています。

IMG_1270a.jpgどうぶつシリーズ(全4種類)・くるまシリーズ(全2種類)
どれもタイヤがついており転がして遊べます。カナダ産のヒノキを無塗装で仕上げています。本体はもちろんのこと、タイヤも一つひとつてしごとでヤスリをかけています。またタイヤは一枚板から糸ノコでカットしています。シリーズでそろえるのもおすすめです。

IMG_1278.jpgいぬ

IMG_1275.jpgうさぎ

IMG_1276.jpgくま

IMG_1277.jpgひよこ

IMG_1280.jpgクーペ

IMG_1279.jpgリムジン

DSC_0214.jpg

DSC_0230.jpg

DSC_0277.jpg

木になるあの子.jpg気になるあの
木のぬくもりを直接感じられるどこか愛らしいキューブです。用途はいろいろ。いくつか揃えてオブジェにもなります。

DSC_0285.jpg

DSC_0283.jpg

DSC_0287.jpg

●布もの

着物の生地をほどく、布を裂く、裂いた布にアイロンをかける、鼻緒を編む、布を組み合わせるなど、てしごとをつないで日々形にしています。使い手も、作り手も、みんなが喜ぶものづくりを心がけています。

DSC_0136.jpg布ぞうり
布で編む懐かしい和の室内履きです。巾着の布の端材、肌にやさしい素材の着物、浴衣、綿、シルクを使用しています。そして簡単に洗えます。布の組み合わせや編み方にも作り手の個性があらわれています。足になじむ感触をお楽しみください。

IMG_1358.jpg巾着(きんちゃく)
着物の生地を使用しリバーシブルに縫製しています。着物をリメイクした和小物インナーバッグとして使用できます。木のビーズは、ゆめ工房の庭の木(イチョウ、月桂樹、桜、プラム)の枝から作っています。お身内のお着物を巾着にして、贈り物にされた方もいらっしゃいます。

DSC_0343a.jpg

DSC_0372.jpg

DSC_0113.jpg

DSC_0247.jpg

DSC_0241.jpg

DSC_0193.jpg

FOOD.png

DSC_0444.jpgDSC_0444.jpg

●乾燥糸こんにゃく(フェアトレード)

このこんにゃくは日本とインドネシアの友情から生まれた商品です。またこの商品の製造過程で現地の女性が活躍しています。

1袋 (10個入り) 480円
1袋 (5個入り) 250円

※1個25gを湯戻しすると約60gに膨らみます。


■乾燥糸こんにゃく
このこんにゃくには、いくつかの物語があります。第二次世界大戦で日本に帰れなかった残留日本兵の石井正治氏(2004年没)が、インドネシアに自生する「ムカゴこんにゃく芋」を有効利用できないかと考案したのがこの「乾燥糸こんにゃく」です。このこんにゃくには「祖国日本とインドネシアの人々の懸け橋になりたい」「平和な世の中が続くように」との想いが込められています。ところで、こんにゃく芋の中でも最高の品質を持つ「ムカゴこんにゃく芋」ですが、インドネシアでは、こんにゃくを食す習慣がなく、雑草扱いをされていました。そこで石井氏は寒村の農民の自立の道として、芋の栽培や収獲方法の技術指導を行いました。「世界でたった一つしかないものを」そして「日本のメーカーと競合しないものを」という一念で開発までに20年を要したといいます。一方、この石井氏と友人だった山崎氏の娘さん(中川智子氏)が石井氏の想いに共鳴し日本での販売を決意しました。

こうして1994年、中川氏によって「トレテス商会」が設立され「乾燥糸こんにゃく」の販売が始まりました。同商会では、「日本の福祉ともつなげていきたい」との想いから国内各地の障がい者施設にこんにゃくの袋詰め作業を委託するようになりました。町田ゆめ工房では2006年に八王子の障がい者施設から仕入れるようになり、販売を始めました。その後、2008年からは同商会から直接仕入れをし、オリジナル仕様で販売を続けています。

■8つの特徴
 ・幻のムカゴ芋こんにゃく芋で作った乾燥タイプの糸こんにゃく。
 ・無農薬の原料なので安心・安全。
 ・食物繊維が普通のこんにゃくの1.5倍。
 ・常温での長期保存が可能なため、保存食としても重宝。
 ・臭みがないので、下処理いらず。スープや鍋料理にはそのまま投入できます。
 ・小分けされているので、片手でポン! と扱いやすい。
 ・シコシコした歯ごたえがクセになる美味しさ。
 ・味しみがいいので、甘辛い料理(キンピラ、肉じゃが、すき焼き)や鍋料理によく合います。

■戻し方
キンピラなど調味液が少量の場合や、サラダには下ゆでをしてください。熱湯に浸けると数分で戻ります。お急ぎの場合は、さっとゆでてください。スープや煮汁に長時間放置すると、水分を吸ってふくらみます。


【栄養表示】(財団法人日本食品分析センター)湯戻し後、1個(60g)あたり。
エネルギー 28kcal タンパク質 0 脂質 0 糖質 6.1g ナトリウム 1.1mg 食物繊維 2.0g